浮気をされたら浮気調査は行う?証拠は何でも良いわけではない?

浮気調査は証拠が命!有効でない証拠は裁判では使えない?

浮気調査の目的は浮気の決定的な証拠をおさえることにあります。
実は、この浮気調査の証拠は何でもよいかと言うとそうではないことに驚かされます。

自分で浮気調査をする場合は意識したいところですね。
浮気調査の証拠は裁判所で認められるものでないと証拠にならないですからね!

浮気調査の証拠として有効なものとは?

浮気調査を自分で行った場合に抑えられる証拠は以下のようなものがほとんどではないでしょうか。

・浮気相手とのメール
・浮気相手との電話履歴
・普段いかない場所のお店のレシート

実はこのぐらいの証拠では裁判では浮気の証拠にならない場合があるようです。
そもそも浮気調査が裁判に向けたものでないのであれば良いですが、彼氏、旦那を問い詰めるにも証拠としては弱いかもしれませんね。
仮にあなたにその意思がなくても、彼氏、旦那が裁判で無実を証明するとなった場合は上記のものでは弱いからです。
本人に詰め寄ることは出来るかもしれませんが、そこから彼氏、旦那が反省してくれるかは何とも言えないですからね。

では、浮気調査として有効な証拠とはどんなものか?
まずは、裁判所に提出できるレベルの報告書にまとめられるものが有効なのです。
その一部として以下のものになります。

・浮気の証拠写真
・浮気の映像

これからは浮気調査のプロである探偵に依頼することで作成してもらえます。
浮気調査を依頼すれば費用は相応にかかります。

しかし、自分で弱い証拠をつかむ労力や時間、精神的負担を考えれば初めから浮気調査に依頼するのも手ではないかと考えます。
もしくは、同じレベルで浮気調査の調査の証拠をつかめれば何よりです。
浮気調査は時間との勝負でもあります。あなたがヤキモキしている間にも彼氏、旦那は浮気をしているかもしれません。
考えただけで居ても立ってもいられないですね。

浮気調査の結果をおさえることで、その後の生活にも影響してきます。
なるべくなら、法的に認められる証拠をつかみたいとことですね。

しかし、浮気調査の証拠にも有効なものとそうでないものがあることに驚かされますね。
浮気は許せない!

早く幸せなあの頃に戻ってほしいものですね。

【参考記事】
浮気調査の気になる値段

   

 - 浮気調査の方法について ,