浮気は遺伝する!?意外な事象に驚愕に彼氏に警戒

浮気症と言うのはやっかいなもので、ちょっとやそっとの事では治らないようです。
例えば、男性の浮気症は街ゆく女性を見てしまう。
いろいろな女性に目移りしてしまうことです。

なんとかしたい、彼氏、旦那の浮気ですが事象が浮上しているようです。
それは、浮気遺伝するとか!?

彼氏の親御さんにも過去に浮気をした場合は要注意?

おそらく、この記事を見ているということは今、あなたのパートナーは浮気をしていると推測されます。
既に浮気されてからでは、遅いと思ったかもしれませんが、もしまだ浮気されていない場合は彼氏の親御さんも参考にしてみてください。

さりげなく、育った家庭環境を聞いてみることで打ち明けてくれるかもしれません。
その前に、浮気の遺伝は事実ではなく、可能性の話になりますのでそれを前提に見てください。

子どもというのは親に対して大きく2つのイメージを抱いているものです。

・親のようにはなりたくない。
・親のように立派になりたい。

もし仮に、あなたの彼氏の親御さんが過去に浮気をしていたとしても、それを反面教師にしているならば心配はないかもしれませんね。
この辺は時間をかけて、性格を見極めないといけないですね。

本来、父親は母親のみを愛しているという姿勢を子供に見せて育ったのであれば、あなたの彼氏は安心ですね。
きっと、あなたの事も大事にしてくれると思います。
しかし、それとは逆に父親が浮気をする家庭で育ち、それが当たり前と思っていた場合は注意が必要です。

彼氏本人には悪気はなくても、普通に浮気をする可能性が高いかもしれません。
ここまでの話でお気づきでしょうか。

遺伝というよりも、育った家庭環境に依存するのではという見解です。

それでもやっぱり浮気性は遺伝を疑いたい人へ

そうは言っても、浮気症の遺伝が100%ないとは断言もできなそうです。
今は、まだ覚醒していないだけかもしれません。

女好き、男好きな人というのは悪気はなくても本能で異性を追いかけてしまうものです。
そういう性質はやはり遺伝子なのかなとも思います。

生まれ持った性質を変えるほどの相手にあなたはなる宿命にあるのです。
浮氣は厄介なもので一度行うと、しばらく反省しても再発する可能性がありますからね。

目が離せません。

●結論
浮気症は遺伝するか?浮気症というよりも異性が好きという性質が遺伝するのでは?
また、浮気を実際にするかしないかは、育った環境に依存するのでは?

対策として、パートナーの育った家庭環境も確認することが大事かも!?
執拗に対策を講じると別れの原因にもなりかねないので慎重に自己責任でお願いします。

   

 - 見逃したくない浮気の兆候 ,