浮気調査の証拠で有力なのはホテルでの写真?

浮気調査の証拠というと何を想像しますか?

・浮気相手との2ショット写真
・浮気相手からの手紙やメール
・浮気相手との通話記録

実はこれらのものは浮気の証拠としては弱いものになります。
浮気をされているかもしれない張本人、例えばあなたには酷な話かもしれませんが浮気調査で証拠を集めるには生生しい現場の写真などが必要になります。

特に浮気調査の現場の写真として「ホテル」に浮気相手と入る写真はかなり有力のようです。

浮気調査の証拠の写真のホテルにも種類があるけど?

パートナーと浮気相手との写真でホテルに一緒に入った場合に証拠となるかについて更に切り込んでみたいと思います。
例えば、ホテルにも種類があります。

・ラブホテル
・シティホテル

ラブホテルに浮気相手と一緒に入った写真は言い逃れできません。
まさか、お酒に酔って少し休みたくたまたまその場にラブホテルしかなかったなどという言い訳はほぼ通じませんね。

では、シティホテルに一緒に浮気相手と入った写真は有力なのでしょうか?
実は、シティホテルに浮気相手と一緒に入っていく写真は「証拠として弱い」のが現状のようです。

浮気調査の証拠の条件は「不貞行為」をしていると位置付けられるもの。
シティホテルは様々な目的のお客が出入りします。

・食事
・結婚式
・宴会
・宿泊

一般的なシティホテルは公共の神聖な場の認識です。
一方で、ラブホテルは目的が明確なので言い逃れはできませんね。

しかし、冷静に考えて自分以外の異性とシティホテルであれ一緒に入ったのであれば浮気の証拠になるのでは?
そう言いたくなるのも分かりますし、実際許してはいけない行動です。
精神的に限界であれば、この時点でパートナーを問い詰めて浮気を辞めさせることも有だと思います。

あくまで、浮気調査の証拠としてホテルに一緒に入る写真が証拠として認められるかという点について説明させて頂きました。

浮気調査は残酷?

これまで読んで頂いて、浮気調査は残酷と思ったかもしれませんね。
浮気の現場をおさえるために行動を開始しても決定的な証拠がないと認められない。

決定的とは、浮気相手との不貞行為が立証できること。つまり不貞行為を許して証拠を集める事。
一刻も早く辞めてほしい浮気の現場を証拠集めのために見逃していることなりますからね。

浮気調査は或る意味残酷なものですね。

★まとめ
浮気調査で浮気相手と一緒にホテルに入る写真は「ラブホ」は有力だが、シティホテルは有力でない。
しかし、同じ浮気である事実にも拘わらず納得できるものではない。

浮気調査は残酷な現場となるので可能であれば探偵などのプロに頼むことが望ましいかもしれませんね。

   

 - 浮気調査の方法について , ,