浮気調査にノウハウなんかあるの?別に知りたくもない浮気調査のやり方

浮気が発覚した時に冷静でいられる人は少ないでしょう。
いきなり、パートナーを問い詰めて白状させても良いかもしれませんが浮気の確証を得ることが難しいです。

そもそも、パートナーが浮気した時のあなたの最終目的は何ですか?

「浮気をやめさて自分のところに帰ってきてもらう」
もしくは、
「浮気の証拠をつかんで訴えること。慰謝料をもらうこと。別れること。」

ではないでしょうか。

浮気調査ノウハウがあったとしても、本来はそんなやり方なんか知らない方が幸せに決まっていますよね。
しかし、あなたがパートナーの浮気の末に「浮気の証拠をつかんで訴えること。慰謝料をもらうこと。別れること。」を選択したならば当サイトは大変役に立つはずです。

浮気調査の最終目的は証拠を集める事。

浮気したパートナーを最終的に訴える場合には裁判でも認められる証拠でないと意味がありません。
浮気の現場写真や動画、音声などになります。

特に浮気調査の結果として有効なのは、浮気相手との肉体関係があったことを抑えることです。

・ラブホテルに浮気相手と入るところを撮影した写真
・浮気相手のに入るところを撮影した写真
・屋外での浮気相手と性行為をしている写真

上記のような内容の写真などは、言い逃れのできない確たる証拠になります。
また、下記のようなものは裁判などで闘うにはやや弱いところです。

・浮気相手との2ショット写真
・浮気相手からの手紙やメール
・浮気相手との通話記録

浮気調査のノウハウとしては、前者の確信にせまる浮気の証拠が必要となる調査が行えるかどうかにかかっています。

浮気調査の決定的な証拠を集めるノウハウは?

浮気調査は「自分で行うか」、「探偵に依頼するか」、「諦めるか」いずれかになります。
浮気調査のノウハウは明らかに探偵が持っています。

もし、自分で浮気調査を行う場合は時間を割いて以下を準備をすることになります。

・素行調査を行うために時間を確保。
・尾行、追跡をする際にバレないように多少の変装。
・浮気現場をおさえるための機器の準備。(カメラ、ICレコーダーなど)

浮気調査のやり方は、シンプルに「浮気現場の決定的な証拠」をおさえるためにパートナーの行動を追跡することです。
浮気調査というと、スマホやGPSを駆使したことがノウハウのように語られます。
しかし、それはほんの一部分を担うことしかできず、確証を得るには「張り込み」などの技術が必要になるのです。

浮気調査のノウハウを自分で得ようとしても、最後には探偵にはかなわないというのが現状のようです。

浮気調査のノウハウを得ようとするのは間違い?

ところで、あなたは浮気調査のノウハウを得てどうしたいのですか?
今後も、浮気調査をする可能性があるからこれを機に浮気調査のやり方を学ぶのが目的ですか?

違うはずです。パートナーと浮気相手を別れさせるために証拠をつかむことが目的のはずです。
そのため、感情的になって浮気調査のノウハウを調べまくってノウハウをつかもうとするのは目的からずれていることになるのではないでしょうか?
浮気調査のノウハウを、あなた自身が学ぶことよりも探偵などプロにお願いするか、パートナーに自白させて浮気を1日も早く解決するのが目的ではないでしょうか。

出来れば、浮気調査のノウハウを生かせるような生活とは無縁であることが望ましいですね。

結局、浮気調査はどうすれば良いの?

浮気調査の目的である、決定的な証拠を集める自信があなたにあるのであれば自分で浮気調査を行う。
しかし、時間や途中でバレるリスクも覚悟しないといけません。

もしくは、浮気調査のプロに頼む。
もし、どうしても浮気調査のノウハウを身につけたいのであればお願いをすれば、あなた自身も探偵と浮気調査に参加できるところもあるようです。
その際には、カウンセリングで聞いてみましょう。

   

 - 浮気調査の方法について